よくわかるバッテリー何でも情報局

スパナ、レンチ、英語本来の意味からすると、両方の間に違いはないのですが、
日本では特に先端の開いたレンチをスパナというふうに呼んでいるのです。
両口が開いたものと、片方だけが開いたものがあり、その口の開きが一定なため、
締めたり緩めたりしたい目的のものと一致したサイズを選ぶことが強いられます。
そのためあまり使用頻度が高くないというのが事実なのです。

 

ボルトなどのサイズに左右されてしまうスパナ、いったいどんな種類のものがあるのでしょうか。
車の中には非常にたくさんのボルトやナットが使われています。
その中でも特にエンジン調整に活躍してくれるのが、タペットスパナと呼ばれるものです。
これには全長が比較的長く、薄型である特徴をもっています。

 

また電装部品など、小さなボルトやナットが使われている場合は、イグニッションスパナというものを利用します。
狭い空間で利用できるように工夫が施されています。

 

そして打撃スパナ。
よくスパナを使用している際にボルトがさび付いているなどといった理由で、
堅くてまわせないことがあります。
そこで見られる光景が、スパナを金槌などで叩くということ。
たしかに成功するのですが、ボルトやスパナに大きな負担をかけていますから、避けるようにしましょう。
しかしボルトが大きくて人の力だけでは対処できない場合がありますから、そんなときのために打撃スパナがあり、
これは叩いても大丈夫というわけなのです。

 

このようにまだまだ種類があるスパナ。
状況に合わせて適切なスパナ選びができるといいですね。





脱毛 宮崎
URL:http://datumou-chihou.com/miyazaki/
脱毛 宮崎


スパナの種類はどのくらいあるの?ブログ:18-7-11

嫁がPTAの副会長をしていた頃には、
わしは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでわしが会長になったとき、
嫁が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の8時、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のわしなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

お子さんの頃、親に内緒で危ない冒険をしたとき、
親には筒抜けであった経験があります。

親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて親のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域のお子さんにとっては知らないよその大人でも、
大人の方はお子さんを知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今のお子さんたちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
親のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
親たちがお子さんたちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。