よくわかるバッテリー何でも情報局

洗車といわれると、ボディーを洗うことがまず頭に浮かぶと思います。
しかし外側だけを洗っても内側の汚れはあり続けます。
車内って結構汚れるものなんですよね。
子供がいたらその汚れ方は想像を超えるもの。
特にシートにジュースをこぼされたときには、頭を痛めるものです。

 

さて、こういう状況において、どのようにシートを洗ったらよいでしょうか。
実はそれには洗濯用洗剤が大活躍してくれるのです。
布に水でとかした洗剤をふくませ、それでポンポンとたたくように洗ってください。
最後に濡れた布と乾いたものとで洗剤を洗い流します。
ここで注意が必要なのは、汚れが落ちないからといってシートに直接洗剤をつけてしまっては、その汚れが広がっていくばかりということです。

 

それでも取れないシミには、色ものの服専用の酵素系漂白剤を利用するとよいでしょう。
この場合も布に含ませて使うのが基本です。
これで大体のシミは解決できてしまいます。

 

しかしそれでもだめなら、シートをはずして丸洗いするしかありません。
案外シートは簡単にはずせるものなのですが、
こんな極地に立たされてしまったら、やはりクリーニング業者に頼むことをおすすめします。





クラウド おすすめcheck!
URL:https://cloudpack.jp/service/recommend/
クラウド おすすめドットコム


洗車の問題についてのお役立ち情報ブログ:18-4-11

現代のたち娘は
顎が小さくなる傾向にあるらしい。

というのも、
乳児の頃はミルク育児で育ち、
断乳すれば、柔らかい物を食べさせ続けられるからだ。

顎が小さくなれば小顔になれるが、
その代償が脳の委縮であり、
脳が縮まってしまうと、
知能を高くすることができなくなってしまう…

気をつけるべきなのは、
離乳食後のご飯であって、
離乳食の時は柔らかい物を食べさせていても、
正規のご飯になれば堅い物を食べさせて、
顎をしっかりと鍛えていくべきなのである。

この辺りのことは
母親の娘に対するご飯作法に関することであり、
ご飯作法の中でも
咀嚼回数を多くするということは
最も大事なことだと思う。

咀嚼回数の多い娘は
咀嚼回数の少ない娘よりも礼儀正しいものだし、
知能も遥かに高い!

ご飯をくちに流し込むように食べていたら、
他のことをどんなにしつけても上手くいかない…

娘は母親の真似をして食べる姿を整えてくるので、
いくら育児に忙しいからといっても、
母親自身が早食いをすべきではないのだ。

母親が娘に対して
咀嚼回数を多くする食べ方を見せるからこそ、
娘は母親の姿を真似て、
咀嚼回数を多くすることができる。

ご飯の時間が縮まらないように、
家事などはテキパキと行い、
時間に余裕ができるようにしよう!

ご飯の場は
決してご飯だけを食べるのではなく、
情報交換の場としても大事なので、
ご飯をしながら、きちんと会話することが大切。

娘が喋らなくても、両親が会話していれば、
娘はその話を聞いて、情報を頭の中に入れて行き、
脳を刺激させるものである。

ご飯の際に無言で食べていたら、
その機会を失ってしまい、
頭の悪い娘として育つ恐れがある。