よくわかるバッテリー何でも情報局

工具の中でも「つかむ」という動作をしてくれる、プライヤー。
その中にプライアーレンチというものが存在します。
この名を耳にしたことがあるでしょうか。
実はまだあまり認知度が高くない工具なため、自動車整備士の中でもまだ利用したことがないという人が多いようなのです。

 

しかしプライヤーレンチがもつ脅威のすごさは誰も認められずにはいられませんから、
いずれこの認知度も高くなっていくことが見込まれます。

 

どうししてこのプライヤーレンチがすごいのか。
それにはいろいろな理由があるのですが、特にすごいのはその力です。
とにかく掴む力が強力であること、「つかむ」ことが仕事のプライヤーにとっては大切なことです。
そして多くの場合プライヤーはその実際掴む部分の内側がギザギザに刻まれているのをみなさんご存知でしょう。
それはものを掴む際にすべらないようにするためですよね。
しかし実はそれって場合によっては、モノを傷つける原因となってしまうことがあるのです。
ですがこのプライヤーレンチはモノと接触する表面が平らになっています。
それが持つ力が強力であるために、あのギザギザが必要なく、さらにモノを傷つけることもないという一石二鳥な工具なのです。

 

ほかにもまだまだ挙げるべきすごさがあります。
一度試してみるのが一番わかりやすいかもしれませんね。



- お勧めサイト情報 -

医師 転職について
URL:http://www.doctor-ranking.jp/
医師 転職


プライヤーレンチの便利さ追求ブログ:18-5-25

「3日間で8KGやせた!」とか
「一ヶ月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
わたくしも何度試したことか…

そのような話題になる減量の中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品減量」ではないでしょうか?

「バナナ減量」「りんご減量」
「こんにゃく減量」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品減量は、
「ある食品以外絶対食べない」という減量方法ですから、
栄養面から見ると体に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品減量が話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「減量が成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「減量が成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険な減量なんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
体は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
体自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品減量は危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
わたくしは思います。