よくわかるバッテリー何でも情報局

あんなにがっちりした車のタイヤでも、天敵ともいえる釘などがささってしまえば、すぐにやられてしまうんですよね。
こんな経験をされた方がたくさんいらっしゃると思います。
子供たちまでもいたずらにタイヤ付近に釘を並べたりするのを聞いたことがあります。
さてそういった場合普通どんなパンクの修理法がとられるのでしょうか。

 

普通緊急の場合ガソリンスタンドなどでもパンク修理をしてくれますが、
よくとられる方法は、ゴムに接着剤みたいなものをつけて、それをパンクした箇所に埋め込むというものです。
そうすると走っているうちに、タイヤに加わる熱によってゴムが溶け始め、穴を完全にふさいでくれるというわけなのです。

 

ただしこの方法が有効なのは、タイヤの側面以外に穴が開いてしまった場合のみです。
側面のパンクにはまったく効き目がありません。

 

一度パンク修理をしているとなんだか車にのるのがちょっと怖い気がしますが、
きちんと修理されていれば、タイヤが極端に磨り減っていない限り、長い間そのタイヤを使っていくことができます。
たしかにタイヤに負担がかかるような乗り方をするのは禁物ですが。
心配な場合は、きちんとタイヤ専門店でチェックしてもらうといいと思います。





家 建てるの専門です
URL:http://www.aqura.co.jp/about/knowledge/
家 建てるはここ


パンク修理でよく使う方法ブログ:18-4-22

最近、朝方食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子菓子パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかの朝方食シーンにも現れていますよね。

朝方は、どの家庭も忙しいもの!
朝方食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
母親自身に朝方食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「朝方シャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれた母親世代は、
高校生くらいから朝方食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
お子様が生まれてからも続きます。

朝方食はお子様しか食べない、
あるいは、お子様が幼稚園に行くまでは
朝方食を食べさせる習慣がなかった…という母親もいます。

炊きたてのご飯と湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんな朝方の食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
朝方食をつくらない、食べない母親の理由らしいんですが…

「朝方食を食べる」という習慣は、
家族で毎朝方食べて育って初めて身につく習慣。

お子様だけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは親が朝方食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…