よくわかるバッテリー何でも情報局

あんなにがっちりした車のタイヤでも、天敵ともいえる釘などがささってしまえば、すぐにやられてしまうんですよね。
こんな経験をされた方がたくさんいらっしゃると思います。
子供たちまでもいたずらにタイヤ付近に釘を並べたりするのを聞いたことがあります。
さてそういった場合普通どんなパンクの修理法がとられるのでしょうか。

 

普通緊急の場合ガソリンスタンドなどでもパンク修理をしてくれますが、
よくとられる方法は、ゴムに接着剤みたいなものをつけて、それをパンクした箇所に埋め込むというものです。
そうすると走っているうちに、タイヤに加わる熱によってゴムが溶け始め、穴を完全にふさいでくれるというわけなのです。

 

ただしこの方法が有効なのは、タイヤの側面以外に穴が開いてしまった場合のみです。
側面のパンクにはまったく効き目がありません。

 

一度パンク修理をしているとなんだか車にのるのがちょっと怖い気がしますが、
きちんと修理されていれば、タイヤが極端に磨り減っていない限り、長い間そのタイヤを使っていくことができます。
たしかにタイヤに負担がかかるような乗り方をするのは禁物ですが。
心配な場合は、きちんとタイヤ専門店でチェックしてもらうといいと思います。





家 建てるの専門です
URL:http://www.aqura.co.jp/about/knowledge/
家 建てるはここ


パンク修理でよく使う方法ブログ:18-8-09

手足に冷えを感じる「冷え症」は、
血行不良が原因で生じるもので、
減量の妨げにもなります。

冷えを改善するためには、
肉体の内側から温めることと
肉体を温める食事が欠かせません。

まず
肉体を温めるには、体幹を温めることが大切です。
体幹とは「肉体から手足を抜いた胴体」のことで
いわゆる内臓がある部分です。

肉体は生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、
冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに
冷えを感じてしまうんです。

肉体を内側から温めるには、
適度なトレーニングを意識して行ないましょう。

トレーニングは血流を良くするので、
末端まで血液が運ばれやすくなります。
代謝も上がり、脂肪が燃えやすい肉体に繋がります。

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴も、
肉体の内側から温めてくれます。
お風呂上がりには、冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

なお、
締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいので、
ゆとりのあるものを重ね着しましょうね。

次に食事面では、
冷え症に効果のある栄養素として
主にビタミンEとビタミンCがあります。

ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、
ホルモン分泌を調整するはたらきがあり、
ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の
吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。

他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、
代謝を上げて、肉体を内側から温かくしてくれる作用があります。

寒くて冷え性が辛い季節には、
食事内容の見直しで改善してみてくださいね!

・・・と、書いてみるテスト