よくわかるバッテリー何でも情報局

マスキングテープとはマスキングつまり覆い隠すために使用されるテープのことです。
一般的には塗装作業の際に使用されることが多く、必要箇所以外を汚さないようにするためのものです。
マスキングテープにも素材や、粘着力、幅、色などと様々な種類のものがあり、それぞれの状況にあわせて選ばれます。
よく使われるのが車の塗装ですから、粘着力が弱く簡単にはがせるタイプのものが最も好まれているようです。

 

さてこのマスキングテープですが、アメリカのスリーエムカンパニーと呼ばれる会社の従業員であったリチャード・ドリューという人物によって発明されました。
ドリューは自動車塗装工たちが仕事をする際、塗装する箇所以外を汚さないように貼り付けていた紙を、実際作業を終えて剥がすとき、自動車の塗装までももが剥がされている様子を目の当たりにしました。
そこでこの自動車塗装工たちが取っていた行動とは?
もちろんのこと、また塗装し直していたんですよね。
そこでドリューが考えたのは、このままこれを続けていたらコストがかさんでしまうということでした。
それから彼の研究がはじまり1925年に世の人々の間に知れ渡ったということなのです。

 

たしかにこれのおかげでコスト削減に成功したうえに、塗装工たちの無駄な仕事も減ったのです。
90年近く経った今現在でも、多く利用されているわけですから、塗装作業を必要とする車産業などの世界では大発明であったと言えるでしょう。



マスキングテープはどのようにして生まれたかブログ:18-9-16

みなさまは、
あしやせに重要な事って、何だと思います?

もちろん食べる事やトレーニングも重要です。
でも、連日の生活習慣も、かなり重要なんですよね。

連日の生活に問題があると、
減量を頑張ったって効果はあまり期待できません。

では、連日の生活のどこに問題があるかというと…
まずは、座り方です。

あしを組んで座るのは、
癖になっている方が多いですね。

でもこれは、骨盤の歪みを引き起こす座り方なので、
出来るだけしないように気をつけましょう。

好んで履く方も多いヒールの高い靴やミュール、ブーツなどは、
骨盤に大きな負担が掛かりやすくなっています。

骨盤というのは、あしの軸になる大切な部分です。
その骨盤を、座り方やヒールの高い靴などで歪ませていては、
からだの重心が左右に歪み、あしに負担が掛かることになります。

姿勢にも、あしが太くなってしまう原因が隠されています。
近年、現代人に多く見られる姿勢。
それは、親指が地面についていない指上げ歩きが原因の猫背です。

猫背というのは、外見からしてもいかにも不健康そう。
猫背は、あしにも大きく影響します。
猫背の原因である指上げ歩きは、要注意ですよ!

本来、人のからだは全ての指とかかとで踏ん張ってこそ、
綺麗な姿勢で歩けるようにできています。

親指が地面についていない猫背の歩き方は、
足裏のバランスが悪化し、
足首を補助するもも、
ふくらはぎや尻に余計な力が入ります。

余計な力が入ると、不自然な筋肉がついて、
綺麗な姿勢で歩けなくなります。
ですから、あしと姿勢は深い関係があるのです。