よくわかるバッテリー何でも情報局

マスキングテープとはマスキングつまり覆い隠すために使用されるテープのことです。
一般的には塗装作業の際に使用されることが多く、必要箇所以外を汚さないようにするためのものです。
マスキングテープにも素材や、粘着力、幅、色などと様々な種類のものがあり、それぞれの状況にあわせて選ばれます。
よく使われるのが車の塗装ですから、粘着力が弱く簡単にはがせるタイプのものが最も好まれているようです。

 

さてこのマスキングテープですが、アメリカのスリーエムカンパニーと呼ばれる会社の従業員であったリチャード・ドリューという人物によって発明されました。
ドリューは自動車塗装工たちが仕事をする際、塗装する箇所以外を汚さないように貼り付けていた紙を、実際作業を終えて剥がすとき、自動車の塗装までももが剥がされている様子を目の当たりにしました。
そこでこの自動車塗装工たちが取っていた行動とは?
もちろんのこと、また塗装し直していたんですよね。
そこでドリューが考えたのは、このままこれを続けていたらコストがかさんでしまうということでした。
それから彼の研究がはじまり1925年に世の人々の間に知れ渡ったということなのです。

 

たしかにこれのおかげでコスト削減に成功したうえに、塗装工たちの無駄な仕事も減ったのです。
90年近く経った今現在でも、多く利用されているわけですから、塗装作業を必要とする車産業などの世界では大発明であったと言えるでしょう。



マスキングテープはどのようにして生まれたかブログ:18-4-17

みなさまは
「ホットヨーグルトシェイプアップ」ってご存知ですか?

ホットヨーグルトシェイプアップというのは
日本人が不足しがちなカルシウムの働きを活かした
シェイプアップ法です。

ヨーグルトを温めるとで腸の動きが活発になり、
カルシウムの吸収率が上がるんだそうです。

カルシウムには
体質に脂肪を蓄えようとする
甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがあるので、
脂肪がつきにくくなります。

さらに乳酸菌の働きで腸内環境が改善され、
老廃物や悪玉菌が排出されるので、
シミや吹き出物などが出にくくなり、
肌の調子も改善されますよ。

ホットヨーグルトシェイプアップの方法はさまざまです。
自分に合った方法でトライしてみてくださいね。

一般的なのは、
24時間3食のご飯の前、または午前中食代わりに
ホットヨーグルトを食べて、
11時・21時は好きなメニューを食べる方法です。

また、
お通じをよくして便秘を解消するのが目的の場合は
ご飯の後に食べるといいみたいです。

ご飯の後だと
すでに胃の中に入っている食べ物で胃酸が薄まっているので、
乳酸菌が生きたまま腸にたどりつきやすくなるそうです。

共通して言えるのは
24時間120g以上食べても
シェイプアップ効果は変わらないので、
食べ過ぎには気をつけてください。

ご飯は好きなものを食べて大丈夫ですが、
腹八分目を心がけ、栄養バランスのよいご飯をとりましょう。

作り方はとっても簡単。
ヨーグルトを電子レンジ(500w)で30秒温めるだけ!
無糖ヨーグルトがおすすめです。

ホットヨーグルトシェイプアップは
気軽にできるシェイプアップ法の一つですね。