よくわかるバッテリー何でも情報局

マスキングテープとはマスキングつまり覆い隠すために使用されるテープのことです。
一般的には塗装作業の際に使用されることが多く、必要箇所以外を汚さないようにするためのものです。
マスキングテープにも素材や、粘着力、幅、色などと様々な種類のものがあり、それぞれの状況にあわせて選ばれます。
よく使われるのが車の塗装ですから、粘着力が弱く簡単にはがせるタイプのものが最も好まれているようです。

 

さてこのマスキングテープですが、アメリカのスリーエムカンパニーと呼ばれる会社の従業員であったリチャード・ドリューという人物によって発明されました。
ドリューは自動車塗装工たちが仕事をする際、塗装する箇所以外を汚さないように貼り付けていた紙を、実際作業を終えて剥がすとき、自動車の塗装までももが剥がされている様子を目の当たりにしました。
そこでこの自動車塗装工たちが取っていた行動とは?
もちろんのこと、また塗装し直していたんですよね。
そこでドリューが考えたのは、このままこれを続けていたらコストがかさんでしまうということでした。
それから彼の研究がはじまり1925年に世の人々の間に知れ渡ったということなのです。

 

たしかにこれのおかげでコスト削減に成功したうえに、塗装工たちの無駄な仕事も減ったのです。
90年近く経った今現在でも、多く利用されているわけですから、塗装作業を必要とする車産業などの世界では大発明であったと言えるでしょう。



マスキングテープはどのようにして生まれたかブログ:19-1-16

当たり前のことですが、
体を動かすと腹がすきますよね?

でも、トレーニングをした直後にご飯をすると、
ダイエットの効果を減少させてしまう恐れがありますから
注意してくださいね!

というのも、
トレーニングをした直後の体というのは、
エネルギーを大量に消費している状態です。

ですから
エネルギーを補給しようとして、食べ物などを欲するわけです。

トレーニングをすることによって、
確かに脂肪が燃焼するなどの
ダイエット効果を期待することはできます。

しかし一方で
新たなエネルギー源を補給する形になりますから、
ダイエットの効果が少なくなってしまうのです。

なので、トレーニングをした後しばらくの間は、
ご飯をすることは控えた方がいいでしょう。

むしろ、
トレーニングをした後に軽く体を動かすことの方が、
より高いダイエット効果を期待することができます。

よくスポーツ選手は、
激しいトレーニングをした後に
軽めのランニングやウォーキングをしますよね。

「クールダウン」とも言いますが、
あのような軽めのトレーニングをすることが
ダイエットには効果的なんです。

有酸素トレーニングをはじめとして、
長時間トレーニングを行うと、トレーニングをやめた後でも
しばらくは脂肪が燃焼している状態を維持することができます。

ですから、ただ歩いているだけでも、
通常と比べるとカロリーの消費効率は良くなっているはずです。

クールダウンをして、
ゆっくりと体を冷やしていきましょう。
そしてしばらく安静にすることです。

ご飯については、トレーニングを終えてから
できることなら一時間、
少なくても三十分程度のインターバルを取ってから
食べるようにした方がいいでしょう。