よくわかるバッテリー何でも情報局

車には必要不可欠なエンジンオイル。
車を所有している方なら一度くらいは耳にしたことがあるはずです。
エンジンオイルとはエンジンに使われる潤滑油のことを指します。
石油からできているものがほとんどで、モーターオイルというふうに呼ばれることもあります。

 

エンジンオイルの主な働きは、摩擦を防ぐというところにあるのです。
車の中は、特にエンジン内のいろいろな箇所で摩擦がおこります。
そのためエンジンオイルが使用されるのですが、もし使用されなければご想像の通り、熱が発生し、
その温度はなんと金属を溶かしてしまうほどのものになるのです。
金属が溶ける=車の部品がやられてしまうということですから、安全のためにも絶対あってはならないことです。

 

しかしエンジンオイルの働きが摩擦を防ぐというだけなら、どんな油をつかってもよさそうですよね。
そこであえてエンジンオイルが選ばれるのは、もちろん他にも働きがあるからです。

 

摩擦を抑えることのほかに、エンジンオイルは摩擦で生じる熱を下げる冷却効果もあるのです。
またエンジンよりかなりの力が発生するため、この潤滑油の粘度がある程度のものでないと、その力に耐えることができないのです。
そしてこれは少し難しい話になってしまうので簡単に言いますと、金属と金属の間の隙間を埋めて、空気が抜けないようにする働きもあります。
最後にエンジンでガソリンを燃やそうとしたときに発生する燃えカスなどのゴミを清浄してくれる役目も果たします。

 

これでおわかりいただけると思います。
エンジンオイルといわれるからには、食用油などとは違った性質を持っています。
くれぐれも切らしてしまわないように気をつけましょう。



エンジンオイルを徹底解剖ブログ:18-11-19

ダイエット中に
ビールを飲む場合のポイントとして重要なのが
お店選びです。

自宅でビールを飲む分には、
自分でビールもおつまみも用意しますから、
カロリーを気を付けて選べば、
そんなに心配することはありません。

ただ外でビールを飲むとなると、
自宅とは違って下調べが必要かも知れませんね。

なぜかというと、
飲む場所によって、
全く摂取カロリーが違ってくるからです。

是非とも
ダイエット中の飲み屋選びは慎重に行いましょう!

ビールを飲むと、当然食欲は進みますからね。
何をつまみに食べるかが重要なわけです。

そこでオススメなのが、
ごくごく普通の和食系の居酒屋です。

和食はカロリーが低めのものが多いので、
ビールを飲んでも
組み合わせ次第では、
ダイエット中でもさほど問題ありません。

例えば…
冷奴や枝豆、
煮魚・刺身などの魚系などは
肉料理、油料理に比べたら超ヘルシー!

また、
こうした和食系の居酒屋は一皿あたりが少ないので
たくさんの種類の食材をちょこちょこ食べられるので、
栄養面でも充実して、バランスもバッチリ!

最近のこうした居酒屋さんは、
カロリー表示がされているので
考えながら注文できるのもうれしいですね!

逆に
ダイエット中にビールを飲む場としてよくないのが
バイキングや焼肉などのような
高カロリーの食事が登場するお店です。

結構チェーン店系列に多いんじゃないかと思いますが、
そういうところはやっぱり飲めや食えやのオンパレードですから、
ダイエットの大敵です!

当たり前のことですが…
高カロリー食品+ビール=ダイエット赤信号!

できれば
ビールはダイエット中控えるのが一番ですが、
どうしても外でビールを飲む場合は、お店選びを慎重に!